兄も姉もちゃんとした資格を持っていないので、私くらいは看護師や理学療法士になって安心させてあげたいという気持ちもあります

なるほど

理学療法士の将来性について今年29歳になり脱サラしたです

確かに養成校の急増に伴い、免許取得者は増加しています実際のデーターをご覧いただくと、わかりやすいと思いますが日本理学療法士協会資料「理学療法士国家試験合格者の推移」http:wwwsoc.nii.ac.jpjpta02-associationdata0803.html10年前と比較すると養成校の数は平成10年で104校だったが21307人だったが増えているも現状です数年で飽和、という意見は多く聞きますが確実な根拠になるデータ提示をされているはいません出ていないと思われます飽和になるも考えられなくないといったところが実際だと思われます実際に知識を持った人が意見を出すなら何か少なく、売り手市場だった状態と比較すると少ないなど条件的に厳しくなってきている状態はあると思われますまた理学療法士の仕事についてですが養成校への入学(入試・入学金)カリキュラムや実習の大変さ、障害を持った人とのかかわりなどなるにも続けるにも難しい内容の職種の割には平均賃金は普通のサラリーマンと比較していえません理学療法士の免許を取得していても数年でやめてしまい、他業種へ転職する人も多いので理学療法士という職業に対してある程度モチベーションが高くないと職業として継続できないというが実際のところだと思われます年齢的には問題ないと思われますが養成校卒業後、病院等に就職した場合他での最終学歴・経験年数は考慮されずなるので経済的には厳しいと思われます

じゃあ数学と生物を死ぬで勉強しろと言われました

なるほど

このままでは将来が不安で、やり直したいと思いました

現役の理学療法士です